シンプルで懐かしい服を作っています。


2010.08.09. RINENのアイデンティティー






RINENでは、

ものづくりをする際に、

「日本のモノ」 

ということを強く意識しています。



今回の大阪店でも、

ナラの柾目材を多用したり、

壁を漆喰(しっくい)で仕上げることなどにも

自分たちが考える

「日本のモノ」 

を表現しています。



もちろん工事をしていただいている、

東西新風堂さんも

「日本のモノ」 

を強く意識しておられます。



これからも自分たちが考える、

「日本のモノ」 

を意識したものづくりを極めます。





16:34 | - | RINENの考え
Log in | skin uterus