シンプルで懐かしい服を作っています。


2010.05.31. RINENのシンプル
 





RINENでは

シンプルであることにこだわっています。



WEBも、DMも、カタログも、

SHOPも、仕事も、

製品も、人も、目標も、


すべてが

シンプルであることにこだわっています。



いつか

こだわってシンプルにするのではなく、

普通に自然に

シンプルでありたいと思っています。





07:48 | - | RINENの考え
2010.05.22. RINENの色
 





RINENでは

色によって決まった色番をつけています。


たとえば

 01番色は白(オフ白)、

05番色は紺(濃紺)、

10番色は黒(墨黒)、

というふうに決めています。



01番色の白は、

ほとんどがオフ白になります。


一般的に白というと、

真っ白(さらし)を指すことが多いのですが、

RINENでは少しくすんだオフ白を、

あえてつかっています。



また05番色の紺は、

ほとんどが濃い紺をつかいます。



そして10番色の黒は、

ほとんどが少しくすんだ墨黒をつかいます。



RINENでは、

自分たちのこだわる色合いに、

決められた色番をつけることにしています。





22:52 | - | RINENの考え
2010.05.15. RINENのTOP杢



RINENでは、

TOP杢の生地にこだわっています。


現在、RINENのカットソーでつかっているTOP杢の生地は、

すべてオリジナルの生地をつかっています。


オリジナルのTOP杢の生地をつくるために、

綿(わた)の段階で

自分たちのオリジナルの色に染色しています。


またTOP杢の製品染めは

洗って色があせていけばいくほど、

いいアジになります。


これからも自分たちの好きなTOP杢を極めていきます。

20:33 | - | RINENの考え
2010.05.08. RINENの天然素材
 

RINENでは

シンプルで懐かしい服をつくりつづけるために、

素材の持つチカラを重視しています。


とくに洗った風合いや

普段着としてのつかいやすさを考えると、

天然素材が中心になっています。


自分たちも

植物から生まれる綿や麻などの

天然素材が大好きです。



これからも素材の持つチカラを

大切にしたものづくりを極めてていきます。

13:01 | - | RINENの考え
2010.05.01. RINENの洗いかた
 

RINENでは、

すべての製品を自分たちで洗っています。



洗う時にこだわっていることは、

自分たちの私物の服を洗う気持ちになることです。


特別になにかをするのではなく、

ごく普通に自分の気に入っている服を

家で洗濯をしている気持ちで洗うことです。


ただしウールやリネンなどの縮みやすい素材を洗うときは、

できるだけ丁寧に洗うようにしています。



つねにお気に入りの服を、

ながく着たいという気持ちで洗うことをこころがけています。


21:39 | - | RINENの考え
2010.04.24. RINENのお店
 

RINENは

今のところ恵比寿の直営店と、

全国の50店のショップさんで

取り扱われています。


まだまだRINENの商品を実際に手にとって

買っていただけることは容易ではありません。


ただ取り扱っていただけるショップさんを

やみくもに増やすことは、

今のところ考えていません。


ゆっくりと進んでいきたいと考えています。


まず自分たちの考えをつたえやすい直営店を

充実させていきたいと考えています。


18:50 | - | RINENの考え
2010.04.17. RINENのオーガニック


RINENでは、

オーガニックコットンをつかった服を

たくさんつくっています。


オーガニックコットンをつかうことにより

オーガニックコットンを生産する農場が

永続的に安定して綿花を供給できることを願うからです。


またオーガニックコットンが広く普及することにより、

環境にもやさしく

綿花の生産に従事される方の健康にも良いからです。


オーガニックコットンは

その年の天候や気温に左右されるので

収穫量も安定していないのが現実です。


しかしいろいろな方々が日々努力しつづけ

また支援をして少しずつ広がっていっています。


RINENもできるだけ

たくさんのオーガニックコットンを

つかっていきたいと考えています。

22:00 | - | RINENの考え
2010.04.10. RINENの秋冬物


RINENでは

今回も洗いをかけたウール素材の製品を

中心に提案しています。


普通に家庭でも洗うことのできる

洗いっぱなしのウール素材の製品を目指しています。


ただウール素材を洗うことは

縮率、毛ばだち、毛だまなど、

なかなかやっかいなところがあります。


しかしウール素材の製品を

洗った時のなんとも素朴な風合いに、

とてもひかれています。



これからも

洗いをかけたウール素材の製品の

完成度を極めていきます。



12:29 | - | RINENの考え
2010.04.03. RINENの展示会


RINENでは

春物、夏物、秋冬物の年3回、

展示会を行っています。


シンプルで定番的な服を作っているので、

展示会のたびに目新しい服が登場するわけではありません。

また展示会ごとに明確なテーマがあるわけでもありません。


つねに大切にしていることは、

すこしずつですが進化していくことです。


サイズ、ディテール、風合い、縫製、型紙、世界観など

すべてにおいて展示会のたびに確実に進化しています。



普通のことをしっかりと、

やり続けていくことにより

特別なことになっていく

と考えています。



13:04 | - | RINENの考え
2010.03.27. RINENの提案


RINENでは

リラックスした気分の服をつくりたいということもあり、

すこしゆったりとしたサイズ感にこだわっっています。


ゆったりしているといっても、

ただサイズが大きいだけというわけではありません。


全体的に丸みがあり、

無駄のないシルエットで着やすく、

着用した人の気持ちが

ゆったりするような服をつくっています。


13:47 | - | RINENの考え
<< 2/4 >>
Log in | skin uterus